自由民主党 荒川区議会議員 中島 義夫

ごあいさつ

 荒川区で生まれ荒川区で育ち、21歳で学生生活を終え家業である和菓子店(福寿堂)を継ぎ、商売をしながら約30年間ボランティアを続けておりました。
 そんな中、東日本大震災が発生し不安のなか数日経過したとき、携帯電話に登録していない番号から着信がありました。それは東北の知人が亡くなったという、ご家族からの連絡でした。生きている時に、もっとたくさん色々なことをしてあげればよかったとショックで落ち込み自問自答を繰り返しました。
 そして数日間悩み考えた末、今からでもできることをしよう、そして50歳を過ぎた残りの人生は周りの方々のため、生まれ育った荒川区のために全力を尽くそうと決意いたしました。今までは仕事の合間にしていた頼まれごとや役所との対応、悩みごと相談や要望対応、行事準備や参加などを最優先でお受けしようと考え、お得意様には大変ご迷惑をおかけいたしましたが家業を廃業し、荒川区議会議員選挙に立候補いたしました。そして皆様のご支援のおかげによりまして、何とか当選することができました。
 区議会議員になりましたからには一生懸命頑張ってまいります。どうぞこれからも応援よろしくお願いいたします。是非とも皆様のご意見、ご要望をお寄せください。